ライブエステート
10:00~19:00
毎週水曜日・祝日
2020年02月11日
ブログ

契約時に必要な金額について

この時期によくあるご質問です。

賃貸のお部屋を契約する時にはどれくらいのお金がかかるの?

最近では敷金礼金ゼロ!フリーレント1ヶ月!なんて部屋も珍しくなくなってきて

中には契約金10万円を切る物件も出てきたり(^^;

契約金は10万円から50万円超えるものまでさまざま

先日他社さんの見積もりを持ったお客様がご来店されました。

総額で40万円を超えていたので少しびっくりしましたがそのお部屋は敷金2ヶ月礼金1ヶ月を取っていたのでそこが大きな原因になっていたようです。

ではここから契約時には絶対にいるであろう項目をご説明いたします。

契約時に必ずいるもの

敷金(◎)
最近は敷金ではなくて定額クリーニング費として請求するパターンが増えてきました。
今年民法が変わりますからますますこの傾向は増えるのではないでしょうか。

礼金(〇)
個人的には今時まだ礼金を取っている物件があるのか。。。。と思っちゃってますww交渉して減額できる場合もあります。(最初っから無いに越したことはないですよね)

仲介手数料(◎)
ここは仲介不動産会社のライフライン的なものですww
これがないとどうやってご飯を食べよう。。。。賃料1ヶ月分+消費税が宅建業法で定められている上限です。

駐車場契約手数料(◎)
駐車料金の1ヶ月分+消費税が必要です。

賃料(◎)
通常は入居月の日割賃料と翌月の賃料の2ヶ月分必要です。最近ではフリーレントといって入居からある一定期間の賃料の無料期間を設けられることもあります。
キャンペーンでなどとよく仲介会社さんが言ってるあれですww
ない物件でも交渉によって付けることもできるかもしれません。

保証会社保証料(〇)
個人契約なら保証会社加入が必須条件の物件が増えてきました。連帯保証人を「頼まなくても済むので契約の手続きが簡潔になるメリットもあります。
デメリットは当然のごとく保証料がかかります。

鍵交換費(〇)
 これも契約条件に最初から入っている場合がほとんです。契約金として必要な場合と退去時に敷金から惹かれる場合があります。概ね10,000円~15,000円の間です。

火災保険費(◎)
入居後の事故の為に加入は必須です。保険をかけていないと何か事故があった時にはすべて自己責任になってしまいます。加入していないと被害を受けたほうも被害を出してしまったほうも管理会社も大家さんもみんな困ります。契約時に管理会社から提案された保険に入らないといけないような気がしてしまいますが、ご自身で入居時までに別の保険会社で手続きするのでもOKです。

いらないもの

抗菌施工費用(×)
これ絶対にいらないですww
最近では消毒施工費なんてのも出てきました。原状回復工事時のルームクリーニングとは別の物です。入居前の部屋に抗菌のスプレーを撒きます。去年札幌で大爆発がありましたがあれです。(あの事件の顛末はどうなったんだろう。。。)

浄水器キット(△)
お水も買う時代です。大東建託やダイワリビングのように最初から蛇口と一体型になって中にカートリッジを入れるタイプのものもあります。後付けのアタッチメントを取り付けるタイプと形態はさまざまですが最近でウォーターサーバーのようなものも売られているので選択肢は増えてきました。
契約時にいるかいらないかと言われたらいらないですww

簡易消火器(△)
備えあれば憂いなしなのかもしれませんがこれいるのかなぁ。。。
キッチンなどで火が上がった時に火元にボトルのようなものを投げ込むと火が消えます。以前某管理会社の退去後の部屋を見たときにまっさらの状態(箱からも出していない)の現物をみました。買っても押し入れの奥深く仕舞ってしまうのであれば。。。。

で。。。結局いくらくらいかかるの?

結果のところ賃料が5万円のお部屋を契約しようとした場合

フリーレントなどをうまく利用すれば10万円程度で入居できる部屋もあれば

一番最初に出てきた敷金礼金併せて3ヶ月なんて部屋なら30万弱かかったりする場合もあります。

気になるお部屋が出てきたら不動産屋さんに最初に確認したほうがいいでしょう。

見積もりを貰う時には必ずいるものだけを計算してくださいと伝えましょう。

最初のご来店時に不動産屋さんに初期経費に使える予算を伝えておくとそれに見合ったお部屋、若しくは交渉をしてくれる場合もありますよ(*´▽`*)

この記事を書いた人
関口 悟基 セキグチ サトキ
関口 悟基
私が不動産業に携わってから早いもので22年の月日が流れました。 その中で培ってきたさまざまな経験や知識を皆様のお部屋探しにお役立ていただければと思います。他社とは一味違った切り口で正に職人技と呼んでいただけるように日々精進しています。 大海に石を投げるようなお部屋探しの指針になれるように。そして楽しくお部屋探しができるように。 「住まいを通じて一生のお付き合いを」こう思うからこそすべて代表である「私」が動きます。
arrow_upward