ライブエステート
10:00~19:00
毎週水曜日・祝日
2020年01月14日
ブログ

大分県臼杵港では「とり天弁当」を(^^♪

お正月に帰省した時のお話です。

夫の実家が熊本県です。

熊本には夫の転勤で3年間住んでいましたが、転勤で離れてからも盆正月は必ず熊本で過ごしています。

香川から、陸路で行くか、海路で行くか。

結論としては、海路をおすすめします。

初めは高速道路で中国地方を経由していました。

やや金額が高くなりますが、フェリーを使うとやはり運転手が楽です。

子どもが小さいうちは周りに迷惑がかかるし…とかいろいろ考えて、高速道路を使っていましたが、いざ乗ってみると、フェリーを利用している小さな子ども連れファミリーは多かったです。

私も初めからそうすればよかったなぁと思います。

 

愛媛県の八幡浜港と、大分県の臼杵港をつなぐフェリーを利用しています。

熊本観光行くなら、この航路がいいですよ。

現在は宇和島運輸とオレンジフェリーの2社が運航中です。

いつも昼をまたぐ便に乗るので船内でお昼ご飯を食べます。

往路はコンビニご飯などでしのぎます。

復路、臼杵港を利用するならぜひ港のお弁当を!

臼杵港で乗船手続きを済ませたらフェリーターミナル内にある軽食屋で、お弁当を買います。

大分名物のとり天のお弁当です。ワンコイン500円!!

ジューシーなもも肉の天ぷらで、途中で添付の二杯酢をかけると味が変わって最後までおいしくいただけます。

帰省で疲れた体に、ホント染みるんです~。

ほかに幕の内やメンチカツ、ハンバーグ弁当(どれも500円!)などありますが、とり天をお勧めします。

私のほかにもとり天の揚げ待ちの方が複数いましたよ。

 

九州旅行を考えている方は、陸路でも行けますが、フェリーの旅も選択肢の一つに入れていただければと思います。

 

フェリーでお弁当って、のんびりしてて、昭和感があってすごく好きです。

 

宇和島運輸のホームページはこちら

オレンジフェリーのホームページはこちら

この記事を書いた人
安岡 ヤスオカ
安岡
家族の幾度かの転勤を経て、ようやく故郷かがわに帰ってきました。 子育てはやや中堅、仕事は超新人として、毎日奮闘中です。
arrow_upward