ライブエステート
10:00~19:00
毎週水曜日・祝日
2019年11月28日
ブログ

転勤妻のママ友作り~ママさんバレー

スタッフの安岡です。

末っ子が幼稚園の年長組になる春に、転勤で高松市に来て、子どもは公立幼稚園に転入しました。

 

みんな同時スタートの入園と違って、途中で転入するのは子も親も大変なんですよね。幼稚園にお迎えに行っても、ほかのお母さん達になかなか話しかけにくくて・・・。そこですでに二年間過ごしているママ達はもうグループができている状態でした。

 

そんな時、園のママさんバレー部にお誘いを受けました。小学校時代に3年間バレーをしていたこともあり、即入部しました。

バレー部には転勤妻が多かった♪

「転勤妻」という言葉があるかどうか知りませんが、やはり早く顔なじみのママ友が欲しいという思いは転勤妻みんな同じなんでしょうね。

入ってみたら、途中入園のお母さんの割合が高い!

勧誘する側になった時も、転入児を見つけてはそのお母さんを口説きに行きました。そうすると結構入ってくれるんですよね。バレーはしたことない、とか、学生時代はテニスやバスケをしていた、という方も多いです。未就園児連れでも、みんなで子守を協力して、リフレッシュしていました。

高松市のママさんバレー事情

私がしているのは、9人制のバレーボール(通称:硬バレー)です。ほかに4人1チームのソフトバレーボール(通称:ソフバ)もあります。

 

公立幼稚園でも、私立幼稚園でも、ソフバがある園のほうが多いように思います。

特に公立幼稚園では硬バレーがあるところは非常に少ないです。

(硬バレーは、幼稚園という枠にとらわれずに探せば、高松市内に一般のチームはたくさんあります。)

 

他県から転入してくる、とか、今からお子様が入園するとかいうときに、このような大人の活動がどういったものがあるかも、チェックされてもいいかもしれません。

お子様が楽しい園生活を送れることが最優先ですが、お母さんもリフレッシュできる時間を持てる、気の合う仲間とわいわいリフレッシュできる、ということは大切ですよね(^^)

 

この記事を書いた人
安岡 ヤスオカ
安岡
家族の幾度かの転勤を経て、ようやく故郷かがわに帰ってきました。 子育てはやや中堅、仕事は超新人として、毎日奮闘中です。
arrow_upward